モンテッソーリ教育が気になりだしたら!【わが家でモンテッソーリ】

4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。元幼稚園教師の視点からも見えてきたことをお伝えします。 お母さんが学ぶことでわが家でもモンテッソーリ教育!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感期

モンテッソーリ教育で使われる代表的な用語に「敏感期」
があります。もともとはオランダのド・フリースという
生物学者によって使われた生物学用語でした。

幼児期にはある特定の事柄に対して、強い感受性があらわれ
敏感になるということです。しかも大切なことは、敏感になるだけで
なく、その特定の事柄をいとも簡単に吸収してしまうという
ものです。

さらにモンテッソーリは敏感期を次の8つに分類しています。

① 言語の敏感期

② 秩序の敏感期

③ 小さい物への敏感期

④ 感覚の敏感期

⑤ 運動の敏感期

⑥ 数の敏感期

⑦ 文化の敏感期

⑧ 礼儀と作法の敏感期

 

モンテッソーリいわく

「敏感期を逃すことは、終バスに乗り遅れるようなものだ!」

みなさんも、この時期にモンテッソーリ教育に出会えたことは幸運
だったかもしれませんね

<< 前の記事へ | モンテッソーリ教育HOMEにもどる | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

大人気メルマガ!

【子育て新聞】 メルマガ登録

投票お願いします

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。