モンテッソーリ教育が気になりだしたら!【わが家でモンテッソーリ】

4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。元幼稚園教師の視点からも見えてきたことをお伝えします。 お母さんが学ぶことでわが家でもモンテッソーリ教育!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテッソーリ親の12カ条!

モンテッソーリ教育において一番大切なことは 「親の眼」と
書きましたが、はたしてどんな視点を持てばよいのでしょう?

私が教師として、母親として、いつも指針にしてきたのが
次にあげる 「モンテッソーリ教師の12カ条」です。

こどもの導き手という意味では、教師も親も同じです。
ぜひ、じっくりと考えながら読んでいただき、今日からの
子育てに取り入れていただきたいと思います。

① 環境に心をくばりなさい。

② 教具や物の取り扱い方を明確に性格に伝えなさい。

③ こどもが環境との交流を持ち始めるまでは積極的に
  交流が始まったら消極的になりなさい。

④ 探し物をしているこどもや、助けの必要なこどもの努力
  を、見逃さないよう、こどもを観察しなさい。

⑤ 呼ばれた所にはかけ寄り、交歓しなさい。

⑥ 招かれたら、耳を傾け、よく聞いてあげなさい。

⑦ こどもの活動を尊重しなさい。質問したり、中断したり
   しないように。

⑧ こどものまちがいを直接的に訂正しないように。

⑨ 休憩しているこどもや他人の仕事をみているこどもを尊重
   しなさい。仕事を無理強いしないように。

 

⑩ 仕事を拒否する子ども、理解しない子ども、間違っている
   子どもには、たゆまず仕事への誘いかけを続けなさい。

 

⑪ 親をさがし求める子どもには、そばにいることを感じさせ
   感づいている子どもには隠れるようにしなさい。

 

⑫ 仕事がすんで、快く力を出しきった子どもには、精神的な
   魂の静けさをおくりながら現れなさい。

 

 

どうでしょう? 心に響く言葉だと思いませんか? 全てが
完璧にできる必要はありません。

 

ひとつひとつ、心におとし、できることから日々の子育てを
修正する指針になればと思います。 

私も「1日1項目 ! 今日はこの項目を心がけて子どもと接して
みよう!」と、ここがけています 

<< 前の記事へ | モンテッソーリ教育HOMEにもどる | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

大人気メルマガ!

【子育て新聞】 メルマガ登録

投票お願いします

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。