モンテッソーリ教育が気になりだしたら!【わが家でモンテッソーリ】

4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。元幼稚園教師の視点からも見えてきたことをお伝えします。 お母さんが学ぶことでわが家でもモンテッソーリ教育!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動の敏感期(モンテッソーリ教育)

運動の敏感期は大きく別けて 0~3歳までと、3~6歳に別けられます。

0~3歳では、運動と言っても体育的なものではなく、「握る」とか「歩く」といった基本的な運動をさします。

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分の意思で行う運動はほとんどありません。 しかし、6歳までの間に、数限りない運動をみにつけます。

親はその月齢にあわせた適切な提示や、環境を整えなくてはいけません。

敏感期に対する知識が無いと「単なるいたずら」として見過ごしてしまいます。

ティシュペーパーを全部出してしまったり、机の上にある物を全て床に落としてしまったり。

親は目くじらを立てて、二度とできないように、手の届かないところに追いやってしまいます。

子どもはティシュが必要なのではなくて、引き出すときの感覚がたまらないのです!

子どもは自分の手に触ったものが床に落ちるときの感覚がたまらないのです!

親を困らせようとしているわけではないのです。

モンテッソーリの教具は それぞれの運動を抽出して 子ども達が興味をもったものを「納得いくまで」できるようにできています。

「引っ張る」 「ひねる」 「ちぎる」 「まわす」 全てが敏感期にある子ども達には たまらな刺激なのです 

 

<< 前の記事へ | モンテッソーリ教育HOMEにもどる | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

大人気メルマガ!

【子育て新聞】 メルマガ登録

投票お願いします

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。