モンテッソーリ教育が気になりだしたら!【わが家でモンテッソーリ】

4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。元幼稚園教師の視点からも見えてきたことをお伝えします。 お母さんが学ぶことでわが家でもモンテッソーリ教育!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数の敏感期(モンテッソーリ教育)

幼児期に 数 などまだまだ早い!と、英才教育か ! などと反感を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね

 

しかし、子どもは成長のプロセスの中で 言語 に敏感に反応したように、数 についても敏感です! 

 

 【数字】というものは 人間が作り出した記号です。 まっさらな子どもに単純な記号を暗記させるのは、意味がありません。

 

モンテッソーリの教具で【10進法のビーズ】というものがあります。 

1個のビーズ、 10個のビーズのかたまり、100個のビーズのかたまり、1000個のビーズのかたまり。 

それぞれを子ども達は自分の手に持つことにより、感覚でその 数 というものを理解するのです。

 

このことは とても大切なことで 記号である【数字】 ではなく 感覚で 【数】というものを先に知ることになるのです。

 

1はこのぐらいの重さ! 1000になるとこんなに重いんだ! ということを子ども達は教具で遊びながら感覚で覚えていると、後に 【お勉強】となったときの、後伸びがぜんぜんちがってきます。

 

 

<< 前の記事へ | モンテッソーリ教育HOMEにもどる | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

大人気メルマガ!

【子育て新聞】 メルマガ登録

投票お願いします

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。