モンテッソーリ教育が気になりだしたら!【わが家でモンテッソーリ】

4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。元幼稚園教師の視点からも見えてきたことをお伝えします。 お母さんが学ぶことでわが家でもモンテッソーリ教育!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩序に対する敏感期(モンテッソーリ教育)

モンテッソーリ教育の中で、「秩序に対する敏感期」を理解することは、子育てをする親にとっては、大きな発見や、助けになります。

生後2ヶ月頃から2歳になるころまでに強くあらわれます。

赤ちゃんが理由もなく泣き出して、どうしても泣きやまないことがあったときに、体調の不良を考慮してみると同時に、この秩序感をうたがってみることをおすすめします。

おとなにとってはどうでもいいようなことが、赤ちゃんにとっては 「いつもとちがう感覚、いつもとちがう順番」などのことがあります。 

この時期に 赤ちゃんは自分をとりまく環境の中で、さまざまなことに対して自分を秩序付けているのです。

それを途中で乱されるのが 耐えられない苦痛なのです。

たとえば みだれたスリッパを時間をかけてそろえたり、 トイレやお風呂に入るにも 同じ手順を要求する 、これらは全て秩序感のあらわれです。

親は モンテッソーリ教育の知識を持つことにより、ゆっくりと見守ることができるのです。

親にできることは、子ども達が秩序感を自分で感じられるよう、物の配置や 手順を尊重するなど 環境を整えることが大切です。

<< 前の記事へ | モンテッソーリ教育HOMEにもどる | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

大人気メルマガ!

【子育て新聞】 メルマガ登録

投票お願いします

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。